2022年11月

厚木市三田・三田南・下荻野エリアまだまだ建売が出ます。大丈夫か?

厚木市三田2丁目付近にてまた10棟規模の建売が販売されます。

これで厚木市三田・三田南・下荻野エリアに何棟建売が出ているのでしょうか?

 

土地分譲も多く出ていますが、こちらはかなりの高額・・・

バブル状態ですね。

三田の調整区域の宅地でも30万円/坪以上と、5年前では考えられないような価格です。

 

先日、大手ハウスメーカーが苦戦しているのは、パワービルダー(大手建売業者)が土地を高値で仕入れているからだという記事を目にしました。

確かに注文住宅を建てたいエンドユーザーさんは、高くても建築条件の無い土地を買わざるを得ません。

しかも、日本は金融緩和を継続しており、住宅ローン金利が安いうちに・・・と。

但し、先日も大手銀行が住宅ローンの基準金利を引き上げるような動きがありましたが、いつまでも金融緩和状態が続くとは限りません。

今のうちにと、割高な物件でも住宅ローンが組めるから、と購入、その後金利が上昇して返済に窮する、ということが起きなくもないのでは?と思ってしまいます。

 

仲介業者さんなどは勿論手数料商売ですので、何が何でもローンを組ませて買わせようとしますが・・・

ちょっと怖いですね。

自分の将来を見据えて冷静にファイナンシャルプランを立てて欲しいと願っています。

厚木市内の分譲地がどんどん売地から建売へ・・・

厚木市内各所で土地の分譲を見受けます。

特に厚木市の不動産お悩み相談室の地元である三田や下荻野などのエリアでは非常に多くの土地分譲が行われています。

 

そこで気が付くのが・・・

売れない土地がだんだん建売の新築戸建て販売に切り替わっている

ということ。

やはり今までに無いような価格のつり上げで、土地価格が合わず売れていないのでしょうか。

不動産分譲業者としては土地売却で見込んでいた利益が得られなければ、次の手段、建物で利益を得なければなりません。

 

かなりの戸数の建売の新築戸建てが出てきますので、売り切るのは大変でしょうね・・・

どうしても気に入ったハウスメーカーの注文住宅にしたいエンドユーザーさんは、高くても土地を購入するしかないのかもしれませんが。

ちょっと変な相場になっていると感じます。

 

これ、逆に土地を売りたい人には今が大チャンスです。

「今が売り時!?」

なんて煽る不動産屋さんの広告がありますが、正直今この厚木市三田・下荻野エリアは売り時かもしれません。

要するに、他の物件と違うことをすればよいのですから。

もし厚木市三田・下荻野近辺で土地(を含めた不動産)を売却したいというお客様がいらっしゃいましたら、是非一度ご相談下さいませ。

台風で建物に被害が出てしまったお客様へ。

史上最大級と言われた台風14号ですが、皆様被害などはいかがでしょうか。

まずは被害に遭われたお客様がいらっしゃいましたら、お見舞いを申し上げます。

 

もし建物に関する被害であれば、厚木市の不動産お悩み相談室までお気軽にご相談下さい。

補修・修繕をされるようであれば信頼できる地元の業者さんをご紹介させて頂きます。

また、保険を利用されるようであればその保険金請求に関するサポートもさせて頂きます。

 

厚木市内では相変わらず見知らぬ業者が屋根の上に登らせて欲しい、と訪問し、必要のない修繕の提案を高額で行うようなこともあるようです。

台風の後はこうした悪徳業者も動きが活発になると思いますので、よりご注意を頂ければと思います。

お盆明けから5件の賃貸物件(アパート・マンション・駐車場)管理移管のご相談がありました。

2週間ほど前でしょうか。

このブログ記事にて、賃貸物件の不動産管理会社変更のご相談を数多くお受けしていることをご報告させて頂きました。

実はその後も、同様のご相談は続いておりまして・・・

数えましたら、今年のお盆休み明けから5件も相談させて頂いておりました。

 

物件の内容はアパートやマンション、駐車場や貸地などなど。

厚木市三田、上荻野、鳶尾、及川と場所も様々です。

 

厚木市の不動産お悩み相談室では、お客様のご希望をまずはお聞きし、今までの管理方法やその課題を把握、

今後の管理で解決できるように対応させて頂きます。

管理移管に関しましては明日から、という訳にはいかないことが多くありますので、もしご検討でしたらお時間に余裕を持ってご相談頂ければ幸いです。

お問い合わせはお電話、メールそしてLINEでしたら24時間365日お受けしております。

是非、お気軽にご連絡下さい!

賃貸物件の管理会社変更のご相談を多数お受けしております!

お盆休み明け、本当に多くのオーナー様から賃貸物件の管理会社変更のご相談をお受けしております。

ある事情から、ご相談件数が増加しているのですが、アパートのみならず貸家や駐車場、貸地など様々な賃貸物件のご相談となります。

 

厚木市の不動産お悩み相談室にご相談頂いた場合、原則としては今までの管理をされていた不動産屋さん(管理会社さん)のやり方を踏襲し、

オーナー様にもそしてご入居者様にもスムーズに今まで通りの形でご契約が進むように努力をして参ります。

 

当然のことですが、オーナー様のご意向があれば課題点を抽出し、改善すべき点は改善することも可能です。

厚木市内の賃貸物件をご所有で管理会社の変更をご検討のお客様がいらっしゃいましたら、是非お気軽にお問い合わせ、ご相談下さい。

もちろん相談料など一切頂きませんので、ご安心して御連絡下さいませ。

【急募】厚木市上荻野・中荻野・下荻野に500㎡程度の土地をご所有のお客様にお得な土地運用提案が出来ます!

厚木市上荻野・中荻野・下荻野に500㎡以上の土地をご所有のお客様はいらっしゃいませんか?

今なら、行政からの補助金も取得可能な土地運用のご提案が出来ます!

 

市街化区域が原則ではありますが、市街化調整区域でも可能な場合もあります。

詳しくはお問い合わせの際にお話しをさせて頂きますが、今回の条件は今までになく地主さんにお得な条件なんです。

 

但し、一番の条件は地域が限定されているということ。

厚木市のお悩み相談室では現在厚木市上荻野・中荻野・下荻野で地主さんを探していますが・・・

他の地域でも該当があるかもしれませんので、もし他の地域に土地をご所有でも一度お問い合わせ下さいませ。

なお、募集期間は7月いっぱいまでとさせて頂きます。

何卒宜しくお願い致します。

売買相場に異変有り!厚木市三田・下荻野近辺の土地相場が変です・・・

他の不動産屋さんが販売されている土地のことなのでなかなか言いにくい部分もありますが・・・

最近、厚木市三田や三田南、下荻野で土地の分譲販売が続いています。

大手不動産販売会社が仲介していたり、パワービルダー(建売業者)が分譲している土地もあります。

 

で、そんな販売されている土地ですが・・・

「異常に設定されている価格が高いんです。」

これにはいくつか理由があると思います。

 

まず、そもそも同地域の需要と供給のバランスがいままで崩れていたこと。

三田や下荻野は肌感覚ではありますが、今までは需要の方が明らかに多い地域でした。

そして分譲地は建売ばかりで、土地として販売される物件が少なかったこともあると思います。

 

いずれにしても数年前に比べ坪単価で10万円以上も高いと、正直なんだかなぁという気分です。

そして、どこかで需給のバランスが逆転し、また元の価格に戻って来るのではないかとも思います。

 

土地の売却をお考えの方は、今の販売価格の相場は明らかに高すぎ、査定の際には数年前の相場価格を踏まえながら価格決定をして欲しいと思います。高いまま売れずに時間が経ってしまうと、売れ残るリスクがあります。

土地の購入をお考えの方は、焦らず様々な物件の価格動向を見て検討をした方が宜しいかと思います。分譲地でも売却が進まなければ・・・当然価格は下がってきます。

 

厚木市三田・三田南・下荻野(もちろん市内全域可能ですが)の不動産に関して、何かご相談があればお気軽にご相談下さいませ。

【切実】厚木市内で不動産を売りたいお客様は是非一度ご相談だけでも・・・

厚木市内の土地価格・・・

ちょっと最近変です。

どう変かと言いますと・・・

恐らく普通に査定していたら、分からないと思います。

場所によってはかなり変動があります。

 

土地を売りたいお客様、中古戸建てを売りたいお客様、

是非一度ご相談下さい。

 

一括査定サイトや大手不動産会社に既にご依頼されているお客様でも結構です。

地元に根差していないと分からない感覚をお客様にお伝えしたいと思います。

お気軽に電話、メールフォーム、LINEでどうぞ。

レオパレスが復活!?債務超過を解消したがツケはオーナーに・・・

今月16日に22年3月期の連結決算を発表したレオパレス・・・

なんと債務超過を解消し、V字回復をしました!

 

「経営再建中の賃貸住宅大手レオパレス21は16日、負債が資産を上回る状態を指す「債務超過」が2022年3月末時点で解消されたと発表した。3月末時点での自己資本が10億円となり、21年3月末の84億円のマイナスから大幅に改善した。」

(2022/05/16 読売新聞)

 

とレオパレスの株主さんには嬉しいニュースかもしれませんが、果たしてレオパレスオーナーにとってはどうなのでしょうか?

この黒字化の理由、一つは入居率の改善だそうで。

かねてから損益分岐とされていた入居率80%をコロナの感染状況緩和により上回ってきました。

そしてもう一つの大きな理由。

そうです、想像されていました物件オーナーに支払うサブリース費用(家賃)の削減です。

物件オーナーからしてみれば、全部解約されるのなら何とかローン返済金額以上を維持して継続しようという方もいらっしゃるそうです。

しかし何のためにレオパレスでアパート建てて、賃貸経営を始めたのでしょうか?

 

継続も地獄、解約も地獄、そんな展開にならないことを祈ります・・・

建築資材価格高騰!でも土地は売るなら今!

コロナ等の影響で物価が高騰し、建築資材の価格も高騰しています。

当然ながら、ハウスメーカーさんも各社見積もり価格が上がっており、工期もかなりかかるようです。

普通に考えれば、エンドユーザーさんも建物建築をしばらく控えて・・・となりそうなもの。

つまり建物が動かなければ土地も動かない、ということになりそうなのですが・・・

 

「土地を売るなら今!」

なんです。

理由は様々あると思います。

住宅ローン金利が今後上がるかもしれないこと、そもそも土地が売りに出る件数が少ないこと、などなど。

毎日毎日売りに出ている土地の情報を見ていると、今は売り時かもな・・・と感じます。

いつか売ろうと思っている不動産をご所有のお客様、是非一度ご連絡下さいませ。

年度末あるある?3月中なら高額買取します、というお話し・・・

昨年度末、ある東海地方の大都市のマンションを売却するというご相談をお受けしました。

遠方でもあり、お知り合いの不動産屋さんもいらっしゃるようでしたので、近隣相場情報や売却についての基本的なことをお伝えするにとどまりましたが、その後どうなったか少し気になりましたのでお客様にお聞きしてみました。

 

結果としては、地元の不動産屋さんが媒介しエンドユーザー向けの販売を開始するとのことでした。

その際、大手某財閥系と天秤にかけたそうなのですが、その会社さんの対応がちょっと横柄だったようで・・・

  • 3月末までなら〇〇万円で高額買取します。

の一点張りだったそうです。

エンドユーザー向けの販売は提案も無く、年度末までになんとか押し込みたいという残念な営業。

今時、こんな営業スタイルの不動産屋さんがあることに驚きです。

それも大手某財閥系で・・・

厚木市近辺ではあんまり聞いたことが無いような話なのですが、東海地方ならではなんでしょうか。

いずれにしてもお客様に合わせた提案をして欲しいものですね。

【急募】空き家すぐに借りたいお客様がいらっしゃいます!

空き家問題が話題になってもう何年も経ちますが・・・

厚木市の不動産お悩み相談室では数々の空き家を管理したり、売却したり、有効活用したり・・・

 

そしてまた現在、

「空き家をすぐに借りたいお客様がいらっしゃいます!」

空き家は本当に有効活用できるんです。

どんな空き家でも結構です。

 

是非空き家をご所有のお客様、少しでもご興味があればお気軽にお問い合わせ下さいませ。

あなたの不動産、今なら高く売れるかも!?理由は探している人にあります。

最近多いお問い合わせが、

「インターネットなどに掲載されていない土地建物の売却情報が欲しい」

というものです。

本当に多く、毎週のようにご連絡を頂きます。

 

SUUMOやアットホームといったエンドユーザー向けのポータルサイトがあるおかげで、エンドユーザーさんも不動産屋さんに行かなくても土地や建物が探せる時代です。

一方で、簡単に情報が得られ取引がスムーズに行われる分、載っている情報が古かったり、売れ残りがいつまでも掲載されている状況もあるのが事実です。

 

従って今のエンドユーザーさんはネットに掲載される前、つまり未公開の物件を自分で探す時代になっているのです。

また、住宅展示場などで検討し既にハウスメーカーが決まっている場合、ハウスメーカーの営業マンも一緒に土地を探したりしています。

 

特に良い物件は表に出る前に売れてしまいますので・・・

皆様がご所有されている不動産も売り方によっては高く売れるかも知れません。

是非、少しでも売却しようかな、売ったらどうなるかな、とお考えでしたら一度ご相談を頂ければと思います。

今なら高く売れるかも!?しれません。

所有している不動産に車が突っ込んだ!

長年不動産に関する仕事をさせて頂いていると本当に様々な事態に遭遇することが有ります。

そんな中でも一番驚かされたのが、管理させて頂いているマンション一階の店舗に車が突っ込んだという事故です。

数年前の祝日、朝から連絡があり、現地に行ってみると・・・

すっぽりと店舗の入口に車が突っ込んでいる状態でした。

幸いにして店舗は定休日だった為ケガ人はいませんでしたが、万が一これが平日だったらと思うと・・・ゾッとしました。

車を運転していた方は高齢者の方。

車が故障したとおっしゃってましたが、どうもアクセルとブレーキを踏み間違えたようで。

 

いずれにしても、このままでは店舗の中に誰でも入れてしまいますので、緊急手配。

休日でしたが工務店さんにご協力頂き、ガラス片などの撤去処分と仮で入口を塞ぎ、翌日なんとか営業できるところまで持っていきました。

その後は事故を起こした方が加入していた保険会社との交渉が始まります。

現地の写真を大量に送付し、細かな備品まで含めた補償を請求することに。

大きな事故でしたので、保険会社の査定員も現地調査に来ました。

大変だったのは営業しながらの修繕工事施工です。

なるべく定休日や夜間に作業を行い、テナントさんにご迷惑をおかけしないように配慮させて頂きました。

建物オーナーさん、テナントさん、保険会社、施工業者と色々打ち合わせ、調整をして約1ヶ月かかりましたが元の通りにすることが出来ました。

 

もうあまりあっては欲しくないケースですが、良い経験になった案件でした。

もし同様のケースなどでお困りの場合は、是非早い段階でご相談頂ければと思います。

何かお手伝いが出来るかもしれません。

空き家・空き地など管理がお手間ではありませんか?

最近になって、また空き家のご相談をお受けする機会が増えてきました。

特に多いのは相続した空き家や、ご両親が住まなくなった空き家のご相談です。

 

まず大前提として、厚木市の不動産お悩み相談室では、単純に売却するだけではなく、

賃貸をするという方法も含めて様々なご提案をさせて頂くことが可能です。

 

売却することだけが必ずしもお客様のニーズに合致するとは限りません。

また、売却をするとなった場合でも、解体や残置物の処分も含めてご依頼を頂くことが可能です。

但し、解体することが前提ではなく、ご所有の建物の状況に合わせた最適な方法を選択頂くことになります。

 

お客様のご希望や物件の状況は本当に多種多様、時間軸や経済情勢によっても変わってきます。

その時々の最適解をお客様にご提供できるように丁寧なご説明をさせて頂きます。

現段階では具体的にはなっていないけれど・・・というお客様でも結構です。

最初のご相談から2年、3年後に具体的な動きが始まるお客様も少なくありません。

是非まずはお気軽にご相談下さいませ。

厚木市内で未公開物件をお探しのお客様が増えています!

最近特に増えているご相談が、

「インターネットに掲載されていない売地を探している」

というものです。

 

エンドユーザーさんも様々な情報を収集できる世の中ですので、各不動産屋さんが未公開物件を情報として持っているのではないかと、

お問い合わせをしているのだと思いますが・・・

そもそも売地の情報が少ないという状況もあるものと思われます。

某不動産ポータルサイトを見ていても、掲載されているのは昔から情報が出ているものばかり。

新着情報もなかなかありません。

逆に言えば、不動産をご所有のお客様でいつかは売りたいな・・・というご意向が少しでもあれば今がチャンスかもしれません。

ご近所に知られず、あまり大体的な販売活動を行わなくても、未公開物件を探しているエンドユーザーさんとのマッチングがうまくいく可能性もあります。

 

厚木市の不動産お悩み相談室では、こうした未公開物件のマッチングも得意にしております。

もし宜しければ是非お気軽にお問い合わせ、ご相談を頂ければと思います。

明けましておめでとうございます!本年もご相談お待ちしております!

新年おめでとうございます。

昨年も引き続きコロナウィルス感染拡大を意識しながらの1年、そして新年もオミクロン株の出現により予断を許さない状況が続いております。

 

しかしながら、不動産業界は引き続き比較的堅調な業績の会社も多く、マンション価格なども上昇しています。

大きな流れはともかく、この厚木市内においても不動産取引は活発ですし、建物のリフォーム等も外装内装共に新規参入の企業が増えたりもしています。

 

どこでも言われていることではありますが、個人のニーズは多様化し、そして手にすることの出来る情報は豊富になっています。

生半可な知識では、エンドユーザーの方が情報を持っていることも多く、時代に取り残される業者も出てくるでしょう。

一方で、引き続きニュースになるような悪徳業者もあの手この手でエンドユーザーを騙そうとしています。

 

厚木市の不動産お悩み相談室では、こんな世の中だからこそ、専門家のネットワークや地元企業の繋がりを生かしたご提案をさせて頂きます。

つまり、ご提案するのは「信用」です。

不動産は有形物である以上、最終的な接点は人と人、物と物というリアルな状態になります。

2022年も皆様に安心してご相談頂けるように一生懸命頑張ります。

【24時間365日!】2021年内のご相談受付について

2021年も残すところあと7日となりました。

お陰様で今年も多くの不動産に関するお悩み相談を頂きました。

年末になっても、引き続きご相談をお受けしておりますので、お気軽にご連絡下さいませ。

 

なお、26日日曜日以降はメールもしくはLINEでのご相談をお願い致します。

メールもしくはLINEでのご相談は24時間365日、年末年始もご回答をさせて頂きます!

それでは皆様、よいお年をお迎えください。

不動産を売却するのは需給のバランスが崩れている今がチャンス!?

「土地が無い」

厚木市内の不動産業者さんが口を揃えて最近言っています。

「土地は動いている。でも土地が無い。」

さらに言えば、少し矛盾しているようですがこのような表現になります。

 

いずれにしましても、現状を分析すると、

  • 不動産市場に出る情報は建売(アーネストワンなど飯田グループ中心)が多い。
  • 土地の売買情報は出ても建築条件付きである場合も多い。
  • 古家が建っている状態で解体が必要になる土地も多い。
  • 逆に更地で建築条件無しという土地情報は未公開で決まっている?
  • ハウスメーカーは決まっているが土地が決まっていないエンドユーザーが一定数いる。

 

ということで、一言で言えばエンドユーザーの需要と供給のバランスが崩れています。

正確には、建売は購入したくないというエンドユーザー≒土地だけを探しているエンドユーザーの需要に、土地売却の供給が不足しています。

ということは、今、不動産を売却するにはチャンスかもしれません。

実際、新規の土地売却情報が出るとエンドユーザーからも、仲介業者からも一気に問い合わせが来ます。

勿論、実際には未公開の状態でエンドユーザーに売却されている場合もあるでしょう。

とにかく今、「土地が無い」のです。

不動産をご所有の方は、この需給のバランスが崩れている今、売却を検討してみてはいかがでしょうか?

【ご相談】相続した空き家を売却、税金がお得になるかもしれません。

【ご相談内容】

  • 厚木市内に相続をした土地建物(ご実家)をご所有のお客様からのご相談です。
  • 土地の上には古い建物が建っていますが、お亡くなりになられた被相続人がお一人で住んでいました。

【ご提案】

被相続人の居住用財産(空き家)を売ったときの税務上の特例についてお話しさせて頂きました。

  • 相続又は遺贈により取得した被相続人居住用家屋又は被相続人居住用家屋の敷地等を、平成28年4月1日から令和5年12月31日までの間に売って、一定の要件に当てはまるときは、譲渡所得の金額から最高3,000万円まで控除することができます。
    これを、被相続人の居住用財産(空き家)に係る譲渡所得の特別控除の特例といいます。

ちなみに、一定の要件というのが一番重要なのですが、まず最初に該当するかチェックをしたいのが以下の点です。

  1. 昭和56年5月31日以前に建築されたこと。
  2. 区分所有建物登記がされている建物でないこと。
  3. 相続の開始の直前において被相続人以外に居住をしていた人がいなかったこと。

その上で、さらにその建物を耐震補強工事して売却する場合と解体・更地にして売却する場合とで要件や必要書類が少し変わってきます。

《不動産お悩み相談室より》

・税務上のアドバイスに関しましてはあくまで情報のご紹介とさせて頂きます。詳細は国税庁のホームページにございます。また、具体的に確定申告をする場合などは提携している税理士を紹介させて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。

相続に関する資格・・・本当は資格でも何でもない!?

厚木市内にも数多くの不動産屋さんがありますが、厚木市内に限らず多く不動産屋さんの営業項目の中で「相続」や「相続相談」と書かれていることがよくあります。

中には、その営業マンの保有資格として

  • 相続診断士
  • 相続士
  • 相続鑑定士
  • 相続マイスター
  • 相続カウンセラー

などなどいかにもといった名称を謳っている場合があります。

が、これらの資格は全て「民間資格」です。

つまり、国が法律で定めた資格ではありませんので、いわば「勝手に名乗っている」のと大して変わりません。

もちろん、名乗るために誰かが作った一般社団法人などの団体の講習を受けたり、登録料を払ったりはしているのでしょうが、法的な根拠はありませんので極端な話、どんな人でも名乗ることが出来ます。(各名称の使用権は別の話です。)

そして法的な行為は出来ませんので、結局は国家資格を保有する専門家に依頼することになるのです。

弁護士や司法書士、税理士、行政書士とは全くレベルが違う資格になりますのでお気をつけ下さい。

厚木市の不動産お悩み相談室は国家資格を保有するメンバーが直接相談をお受けします。

是非、安心してご相談頂ければと思います。

厚木市内にて事業用の建物・土地を探しています。事務所や倉庫など・・・

現在、厚木市の不動産お悩み相談室では以下のようなお客様から物件探しのご依頼を頂いております。

 

  • 運送会社さんの事務所に使用できる建物(用途地域の制限有り)
  • 足場屋さんの資材置き場に使用できる土地
  • 土木工事会社さんの事務所兼資材置き場に使用できる土地建物
  • 運送会社さんのトラック置き場300坪以上
  • 中古自動車販売会社さんの在庫車や売約済みの車を置く駐車場

 

そうなんです。

事業用の不動産をお探しの方がとても多いんです。

その他、工場や倉庫もお探しのお客様もいらっしゃいます。

是非、厚木市内で事業用に使用できる土地建物をご所有のお客様、厚木市の不動産お悩み相談室まで一度御連絡下さい。

厚木市の不動産お悩み相談室はお盆休みもご相談受け付けております!

厚木市も含めた神奈川県下、引き続き緊急事態宣言も発令されており、あまり外出もできない・・・

そんなお客様から、不動産に関するご相談が増えています!

おそらく、ご家族と一緒にご自宅で過ごす時間が増えていることがその理由のひとつだと考えられます。

ということで、厚木市の不動産お悩み相談室は、この夏、お盆休みももちろん多くのご相談をお受けしております!

特にLINEでのお問い合わせは、気軽にそしてスムーズにやりとりが出来ると好評を頂いております。

是非お友達に追加して頂き、お気軽にご連絡下さい。

友だち追加

(なお、お友達追加後に営業セールスなどは一切致しませんのでご安心ください。)

信頼できる弁護士さん、司法書士さん、税理士さん、土地家屋調査士さん、その他専門家に出会いたい方へ。

インターネットで情報収集をするのが当たり前になっている世の中。

弁護士さんや司法書士さんなど専門家を探すのも、比較的簡単になってきています。

しかも、口コミや評判なども場合によっては掲載されていることも。

しかし、その口コミや評判、本当に信じられるでしょうか?

 

某飲食店紹介サイトでは自分のお店の評判を上げる為に、お店の関係者が一般人を装って投稿をしていることもあるそうです。

本当にその情報が信じられるかどうかは、結局しっかりとした情報を得ることにあると思います。

信頼できる弁護士さん、司法書士さん、税理士さん、土地家屋調査士さんその他専門家をご紹介ご希望のお客様、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

専門家によっては得意なジャンルもありますので、お客様のご相談内容に合った専門家をご紹介させて頂きます。

特定の弁護士さん、司法書士さん、税理士さん、土地家屋調査士さんだけではなく、同じ専門家でも多くの方とのパイプがあります!

ご紹介に際しては、手数料などは一切頂きません!

不動産に関することはもちろんですが、そうでなくてもご紹介は可能ですのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

解体した建物の滅失登記を忘れていませんか?

古くなった建物を解体。

土地が更地になりスッキリしました。

・・・でも、建物の登記が残ってしまっていたりしませんか?

 

自分で解体屋さんに手配をしたものの、その後の手続きが漏れていたということがよくあるんです。

建物の登記が残ってしまっていると、その後相続が起きた時に「あれ?この建物なんだ?」ということもありますし、

ケースとしては少ないですが固定資産税を課税される可能性もあります。

厚木市の資産税課でも、建物の資産把握はもちろんしているのでしょうが当然漏れてしまうリスクもあります。

 

そこで、必要なのが「建物の滅失登記」です。

ちなみに、建物の滅失登記は、建物解体後1か月以内に行わなければならいことが法律で定められています。

登記の手続きをせずに1か月以上放置しておくと不動産登記法第164条に違反し、10万円以下の過料が科せられる可能性もあるのです!

なお、建物の滅失登記は法務局で申請が出来ます。

滅失登記が出来ると、法務局より資産税課に通知が行きますので、その建物が無くなったことも分かってもらえます。

ちなみに滅失登記の申請はご本人でも十分できると思いますが、専門家に依頼する場合「土地家屋調査士」さんに依頼をしなければなりません。

土地家屋調査士以外の例えば不動産屋や行政書士が代理申請をした場合、法律違反で罰せられる可能性もありますのでお気をつけ下さい。

いずれにしましても、このような類似例でご相談の場合、まずはお気軽にご連絡下さい。

解体業者はもちろんのこと、土地家屋調査士も信頼できる方を紹介させて頂きます!

新しい厚木市役所や図書館の設計会社が決定!!

【石本・石上純也JVを特定/厚木市の複合施設基本設計】

「神奈川県厚木市は、市庁舎や図書館などからなる複合施設の整備に向け、「厚木市複合施設基本設計業務委託」の公募型プロポーザルを実施した結果、石本建築事務所・石上純也建築設計事務所JVを特定した。2次審査には同者を含む5者が進んだ。」

(2021.07.01建設通信新聞より)

記事によると、図書館や未来館、プラネタリウムなどからなる「広場棟」と、市役所や国・県などの行政機能、議場を合わせた「庁舎棟」の2棟が出来るらしく、屋上を緑あふれる空間にするらしいです。

厚木市内の街並みや大山・相模川が一望できるとのこと。

ちなみにこの設計に入っている石上純也建築設計事務所の石上純也さんは厚木市出身、厚木高校卒業の方ですね。

一つ気になるのが工事費用。

なんと約224億円!!

2024年度に工事着手して、工期が36ヶ月ということは2027~2028年ぐらいに完成するんですかね。

周辺道路の渋滞がすごく心配ですが・・・厚木市の新しいシンボルになりそうです。

2021年6月現在の不動産・建築業界「生の声」

今年も約半年が過ぎました。

コロナウィルスの感染状況は相変わらず変わりませんが、ワクチン接種が進むことで重症化を防ぎ、経済が正常化することを願っております。(厚木商工会議所や宅地建物取引協会でも職域接種を行うようです!)

そんな中ですが、最近不動産・建築業界で聞かれる生の声を箇条書きにしてみました。

  • ウッドショック(木材の価格高騰)はこれからが影響大。
  • 7月以降に暇になっている手間請けの大工さんが増えている模様。
  • アキュ〇ホームはウッドショックで現場が止まっている。タ〇ホームは1年分の木材は確保済み。住友〇業も確保できている。
  • ウッドショックの影響でプレカット工場が注文を受けてくれない。(3月の注文分がやっと8月に納品というケースも)
  • 不動産は流通量が減っている。特に土地は情報がなかなか出ない。
  • マンションは比較的好調。本厚木駅前の新築は価格も強気。
  • 賃貸は生活保護の方などが非常に増えている。賃料保証会社も審査がシビアに。

こんなところでしょうか。

当然なのかもしれませんが、あまり景気の良くない話ばかりです。

先行きが不透明な部分も多く、これからの不動産・建設業界の動向を含め経済状況をしっかり見極めていきたいところですね。

【大募集】厚木市内で土地を探しています!!!

現在、厚木市の不動産お悩み相談室ではあるお客様のご依頼により、以下の条件に当てはまる土地を探しています。

1つでも合う条件があれば、是非情報をお寄せ頂ければ幸いです。

  1. 厚木市内
  2. 土地面積75坪以上
  3. 眺望良好
  4. 高台
  5. 予算は3000万円ぐらい

広めでお庭がしっかり取れる住宅用地となります。

宜しくお願い致します!

市街化調整区域の農地を勝手に農地以外に・・・法律違反です!

厚木市内にも多くの農地がありますが、よく勘違いというか知らないお客様が多いのがこの「農地」に関することです。

そしてその農地を司る法律=農地法に違反する事例に関しては、甘く見てはいけません。

  • 農地法第3条第1項、第4条第1項、第5条第1項または第18条第1項の規定に違反した者は、3年以下の懲役または300万円以下の罰金が科される可能性があります(同法第64条)。さらには、偽りその許可を得た者、第51条第1項の規定による都道府県知事などの命令に違反した者にも、同じ罰則が定められています。

特に市街化調整区域の農地に関しては、農地法により所有権移転や転用について「許可」が必要になります。

この許可なく資材置き場や駐車場にしている場合、上記のような罰則を受ける可能性があるのです。

かといって、全く取引できないかというとそうではありません。

農業委員会にしっかりとルールに則って申請を行い、許可を得られれば良いのです。

最近では実際使用しない用途などで他人の名義を借り、許可を得られた直後に売却や賃貸してしまうようなグレーゾーンを進む輩もいるようですが・・・

厚木市の不動産お悩み相談室ではそのようなグレーゾーンを進んだり、お天道様に顔向けできないようなことは致しません。

もし厚木市内に農地を所有されており、売却や賃貸など運用をお考えのお客様がいらっしゃいましたら一度ご相談下さいませ。

行政書士もおりますので、農地法の申請自体も出がけることが可能です。

悪質な不動産業者や建設業者にはお気をつけ下さい・・・

いよいよ6月15日より賃貸住宅管理業の登録制度開始!

賃貸住宅は、賃貸住宅志向の高まりや単身世帯、外国人居住者の増加等を背景に、国民生活の基盤としての重要性が一層増していると言えます。
一方、賃貸住宅の管理は、従前、自ら管理を行うオーナーが中心でしたが、近年はオーナーの高齢化や相続等に伴う兼業化の進展、管理内容の高度化等により、管理業者に管理を委託等するオーナーが増加したことで、オーナー、あるいは入居者との間でトラブルが多く発生しています。
さらに、賃貸経営を管理業者にいわば一任できる“サブリース方式”が普及していますが、家賃保証等の契約条件の誤認を原因とするトラブルが多発し、社会問題化しています。
このような情勢を受け、「管理業務の適正な運営」と「借主と貸主の利益保護」を図るため、法律が制定されました。(公益財団法人賃貸住宅管理協会HPより)

ということで、賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律により、6月15日から賃貸住宅管理業の登録制度が開始します。

これは200戸以上の賃貸住宅を管理する業者が登録を義務付けられるものです。(200戸未満でも登録は可)

1年間は猶予期間がありますので、これからの1年間は不動産管理を手掛ける会社でもまだ登録をしていないという会社もあるかもしれませんが、1年後登録していない会社は管理戸数が200戸未満か法令に違反しているかのどちらかになります。

ご自身が所有される不動産の管理を任せる不動産屋さんを選ぶ際に、一つの判断基準になるかもしれませんね。

古い投稿ページへ