【は】媒介契約

<ご説明>

仲介会社に手持ち不動産の売却や希望物件の購入を依頼するなど、媒介を依頼した場合に結ぶ契約のこと。

<コメント>

広告などで「専任」「一般」などという言葉を目にすることもあるかもしれませんeye

不動産の売却・購入を依頼する際に、販売金額や手数料の額を取り決めた契約が媒介契約となりますmemo

媒介契約の中にも種類があり、専属専任媒介専任媒介一般媒介と分かれています。

それぞれに関しては過去にご説明させていますので、ここでは言及致しませんが、まずはこの媒介契約をするところから不動産屋さんの仕事が始まると言っても過言ではないかもしれませんねcoldsweats01

【の】農地転用

<ご説明>

農地を宅地などほかの用途に転換すること。農業委員会の許可が必要となる。

<コメント>

所有している農地を駐車場や資材置場にしたい・・・

そんな時、注意しなければならないのがこの農地転用の許可ですdash

どこでも誰でもが農地を別の用途に出来るわけではありませんcoldsweats02

しかも、許可が必要なのに無断で転用しているような場合は、法律で罰則規定も設けられていますdown

具体的なご相談は農業委員会(厚木市役所内)に行かれてみてはいかがでしょうかsign02

もちろん弊社にお越し頂いても結構ですよhappy01

【と】道路付け

<ご説明>

敷地と前面道路との関係を表したもの。接道条件ともいう。道路が接している方角と、その道路の幅員を併せて表示するのが普通。

<コメント>

接道は土地の価値に関わる大きな要素の一つですflair

場合によってはこの道路付け=接道の条件が満たされないが為に、建築が出来ないこともありますcoldsweats01

建築が出来なければその土地の価値が下がるのは言うまでもありませんsweat02

ちなみにその土地がどのように接道をしているのか、は公図や市役所の道路管理課などで確認することができますeye

【と】登記簿

<ご説明>

不動産では、土地・建物にかかわる権利関係を法的に登録する台帳のこと。登記簿に登記していないと、第三者に対抗できない。登記簿は土地、建物それぞれにあり、中身は表題部、甲区、乙区に分かれている。

<コメント>

登記簿不動産を調査する上で、イの一番に調べるものですflair

ここに記載されているその不動産に関する権利関係がまず重要になるのですbook

誰が所有しているのか、借入金の担保になっていないか、などなど登記されていることは、対抗要件という第三者に主張できる要素を持っていますpunch

この登記簿の見方などはインターネットにも載っていますが、不動産屋さんか専門家の司法書士さんとご相談するのがベターですね。

【て】テラスハウス

<ご説明>

2階建ての連棟式住宅のこと。各住戸の敷地は、各住戸が単独で所有している。

<コメント>

最近は売買よりも、賃貸でこのテラスハウスというものを目にすることがほとんどですeye

賃貸住宅で気になることの1つが上下の生活音ですが、このテラスハウスならばアパート等に比べてその心配を減らすことが出来ますscissors

お家賃は一般のアパート・マンションよりも割高になることがありますが、それでも人気の出やすいタイプの賃貸住宅ですねshine

【て】手付

<ご説明>

売買契約・請負契約・賃貸借契約などの有償契約において、契約締結の際に、当事者の一方から他方に対して交付する金銭などの有償物のこと。

<コメント>

不動産の場合にも、売買契約の際に大半のケースでこの手付(金)を受け渡します。

この手付金は渡した側はこれを放棄し、受けた側は同額を加えて(倍返し)すれば、契約を破棄することが出来るという特約に基づきますmemo

ちなみに住宅ローンを利用する場合等は、ローン特約というローン審査が不承認だった場合の解約特約がありますflair

従ってローンが通らなくて契約が履行できなかったが手付が戻らない、ということはありませんcoldsweats01

この手付は不動産の取引でも非常にトラブルの多い部分ですのでお気を付け下さいsign05

【て】ディンプルキー

<ご説明>

シリンダーの作動によって制御される錠(シリンダー錠)の一つで、シリンダー内に並べられたピンの制御を、表面に多数の小さなくぼみ(ディンプル)が付いている鍵によって行なうものをいう。

<コメント>

以前、ピッキングによる空き巣被害が広まった際、賃貸物件でもこのディンプルキーのような安全性の高い鍵の導入が進みましたeye

ただ、安全性が高い半面、鍵の交換費用がかさんだり、合いカギが作り難かったりすることもありますflair

もし、ご入居のお部屋がディンプルキーの場合は、こうした部分も気を付けて不動産屋さんからの説明を受けることをお勧めしますdash

不動産購入時の諸経費とは?

不動産を購入する際、不動産屋さんには手数料を払う必要が出てくるけど、その他にはどんなお金がかかるのsign02

そんな質問をたまにされることがあります。

そこで、今回は主なものを以下に書き出してみましたeye

・ 売買契約書の印紙税

・ 登録免許税

・ 不動産取得税

・ 消費税

・ 仲介手数料


特に、登録免許税を含む司法書士さんへの報酬はそれなりに金額がかかるものですsweat02

事前にしっかりと確認をして、「こんなはずじゃなかった」とならないように気をつけましょうcoldsweats02

【て】抵当権

<ご説明>

債権を保全するために、債務者(または物上保証人)が、その所有する不動産に設定する担保権のこと。

<コメント>

一般の方が、最も接する可能性の高い抵当権、住宅ローンの借り入れに伴う抵当権の設定ではないでしょうかflair

この抵当権の設定によって、銀行は住宅ローンの担保とし、万が一の際に備えていますcoldsweats02

例えば抵当権が設定されている不動産を売買するような場合には、金銭の決済と同時にこの抵当権を抹消し、第三者の権利を無くすのが通常ですdash

この抵当権が設定されているかどうかは、謄本をみればすぐに分かりますよmemo

【て】定期建物賃貸借

<ご説明>

定期借家契約とは、平成12年3月1日より施行された定期借家法によって認められている賃貸借契約のこと。原則として契約の更新は出来ず、貸主は契約時に書面により、契約に更新が無い旨を説明することが義務付けられている。

<コメント>

最も重要なポイントは「原則として契約の更新が出来ない」ということsweat01

転勤などで再び戻ってくることが確実な場合や、しばらく賃貸の後、売却の予定がある場合などにこの定期借家契約が用いられますflair

あらかじめ契約期間が決まっており借主には不利な部分がある分、お家賃が安く設定されていたりということもありますねfoot

1 2 3 4 5 13